1939年、1999年:土兎の年 [己卯 年]

🐰🗿 日本と中国の占星術による土兎[己卯年]の年:暦日と干支の特性
KarmaWeather - 1 7月 2020
© KarmaWeatherによるKonbi · 全著作権所有

1939年または1999年に生まれた場合、土兎の年次柱は、主な干支に対応しています。

太陰太陽暦は太陰周期に基づいているため、土兎の年の日付はグレゴリオ暦の年とは異なります(土兎の年の正確な日付は 以下を参照) 。

日本/中国の占星術では、生年月日を四柱推命または八字に分解できます。運命の各柱は動物と干支要素に関連付けられており、出生の期間の1つ(年、月、日、時)に対応しています。兎の時間、土兎の日、または土兎の月に生まれた場合、これらの各期間も運命の柱に対応します。 土兎の4つの柱は、同じ画像の天運を共有しています

さらに、出生年が1939年または1999年であり、したがって、土兎が運命の最初の柱である場合(あなた自身の性格、世界との関係、および他の人との関係に対応する、あなたの主な干支)、土兎のすべての日と月(および兎の時間)は幸運です回

土兎の旧暦の年次および月次日付のリスト、および兎が支配する時間を検索します。次に、土兎の個性と特徴、彼の幸運のお守り(色、数、石、香り)、中国の出生図(エネルギー組成)と干支の12の動物の兆候との愛情。親が土兎の子供の誕生名を選択するために使用する伝統的な中国の方法。最後に、土兎の旧暦の間に生まれた理想的な仕事のリストと有名人のリストを見つけてください。

土兎の旧暦

土兎の年次カレンダー

1939年に生まれた場合、干支は何ですか?

日本/中国の占星術によると、1939年旧正月は1939年2月19日から始まり、1940年2月7日まで終わる土兎の年です。1939年に、太陰暦の年を管理する干支は、陰土要素(十干)に関連付けられた兎[卯](十二支)です。 1924年の風水年(1939年2月4日から1940年2月3日まで)は、八卦年n°7に対応します。

1999年に生まれた場合、干支は何ですか?

日本/中国の占星術によると、1999年旧正月は1999年2月16日から始まり、2000年2月4日まで終わる土兎の年です。 1999年に、太陰暦の年を管理する干支は、陰土要素(十干)に関連付けられた兎[卯](十二支)です。 1924年の風水年(1999年2月4日から2000年2月3日まで)は、八卦年n°1に対応します。

🐉 私の干支は何ですか?


土兎の月暦

1970年以降の土兎の月の日付

土兎の干支の場合、つまり、土兎の年(1939年、1999年)に生まれたとすれば、これらの期間は幸運な月です。 さらに、これらの期間のいずれかに生まれた場合、運命の2番目の柱は土兎の月の柱(家族や祖先との関係)です。

土兎の月の旧暦

土兎の月の初め 土兎の月末
1970年1970年3月8日1970年4月5日
1975年1975年3月13日1975年4月11日
1980年1980年3月17日1980年4月14日
1985年1985年3月21日1985年4月19日
1990年1990年2月25日1990年3月27日
1995年1995年3月1日1995年3月31日
2000年2000年3月6日2000年4月5日
2005年2005年3月10日2005年4月9日
2010年2010年3月16日2010年4月14日
2015年2015年3月20日2015年4月19日
2020年2020年2月23日2020年3月23日

🌙 今月の干支占い


土兎の太陰暦

1970年から2043年までの土兎の日々

土兎の干支をお持ちの場合、つまり、土兎の年(1939年、1999年)に生まれたということであれば、これらの日は幸運な日です。さらに、あなたが次のいずれかの日に生まれた場合、運命の3番目の柱は土兎の日の柱(人生で2番目のチャンスであり、約30歳から活動)です。

土兎の旧暦の日

1970年2月28日1970年4月29日1970年6月28日1970年8月27日1970年10月26日
1970年12月25日1971年2月23日1971年4月24日1971年6月23日1971年8月22日
1971年10月21日1971年12月20日1972年2月18日1972年4月18日1972年6月17日
1972年8月16日1972年10月15日1972年12月14日1973年2月12日1973年4月13日
1973年6月12日1973年8月11日1973年10月10日1973年12月9日1974年2月7日
1974年4月8日1974年6月7日1974年8月6日1974年10月5日1974年12月4日
1975年2月2日1975年4月3日1975年6月2日1975年8月1日1975年9月30日
1975年11月29日1976年1月28日1976年3月28日1976年5月27日1976年7月26日
1976年9月24日1976年11月23日1977年1月22日1977年3月23日1977年5月22日
1977年7月21日1977年9月19日1977年11月18日1978年1月17日1978年3月18日
1978年5月17日1978年7月16日1978年9月14日1978年11月13日1979年1月12日
1979年3月13日1979年5月12日1979年7月11日1979年9月9日1979年11月8日
1980年1月7日1980年3月7日1980年5月6日1980年7月5日1980年9月3日
1980年11月2日1981年1月1日1981年3月2日1981年5月1日1981年6月30日
1981年8月29日1981年10月28日1981年12月27日1982年2月25日1982年4月26日
1982年6月25日1982年8月24日1982年10月23日1982年12月22日1983年2月20日
1983年4月21日1983年6月20日1983年8月19日1983年10月18日1983年12月17日
1984年2月15日1984年4月15日1984年6月14日1984年8月13日1984年10月12日
1984年12月11日1985年2月9日1985年4月10日1985年6月9日1985年8月8日
1985年10月7日1985年12月6日1986年2月4日1986年4月5日1986年6月4日
1986年8月3日1986年10月2日1986年12月1日1987年1月30日1987年3月31日
1987年5月30日1987年7月29日1987年9月27日1987年11月26日1988年1月25日
1988年3月25日1988年5月24日1988年7月23日1988年9月21日1988年11月20日
1989年1月19日1989年3月20日1989年5月19日1989年7月18日1989年9月16日
1989年11月15日1990年1月14日1990年3月15日1990年5月14日1990年7月13日
1990年9月11日1990年11月10日1991年1月9日1991年3月10日1991年5月9日
1991年7月8日1991年9月6日1991年11月5日1992年1月4日1992年3月4日
1992年5月3日1992年7月2日1992年8月31日1992年10月30日1992年12月29日
1993年2月27日1993年4月28日1993年6月27日1993年8月26日1993年10月25日
1993年12月24日1994年2月22日1994年4月23日1994年6月22日1994年8月21日
1994年10月20日1994年12月19日1995年2月17日1995年4月18日1995年6月17日
1995年8月16日1995年10月15日1995年12月14日1996年2月12日1996年4月12日
1996年6月11日1996年8月10日1996年10月9日1996年12月8日1997年2月6日
1997年4月7日1997年6月6日1997年8月5日1997年10月4日1997年12月3日
1998年2月1日1998年4月2日1998年6月1日1998年7月31日1998年9月29日
1998年11月28日1999年1月27日1999年3月28日1999年5月27日1999年7月26日
1999年9月24日1999年11月23日2000年1月22日2000年3月22日2000年5月21日
2000年7月20日2000年9月18日2000年11月17日2001年1月16日2001年3月17日
2001年5月16日2001年7月15日2001年9月13日2001年11月12日2002年1月11日
2002年3月12日2002年5月11日2002年7月10日2002年9月8日2002年11月7日
2003年1月6日2003年3月7日2003年5月6日2003年7月5日2003年9月3日
2003年11月2日2004年1月1日2004年3月1日2004年4月30日2004年6月29日
2004年8月28日2004年10月27日2004年12月26日2005年2月24日2005年4月25日
2005年6月24日2005年8月23日2005年10月22日2005年12月21日2006年2月19日
2006年4月20日2006年6月19日2006年8月18日2006年10月17日2006年12月16日
2007年2月14日2007年4月15日2007年6月14日2007年8月13日2007年10月12日
2007年12月11日2008年2月9日2008年4月9日2008年6月8日2008年8月7日
2008年10月6日2008年12月5日2009年2月3日2009年4月4日2009年6月3日
2009年8月2日2009年10月1日2009年11月30日2010年1月29日2010年3月30日
2010年5月29日2010年7月28日2010年9月26日2010年11月25日2011年1月24日
2011年3月25日2011年5月24日2011年7月23日2011年9月21日2011年11月20日
2012年1月19日2012年3月19日2012年5月18日2012年7月17日2012年9月15日
2012年11月14日2013年1月13日2013年3月14日2013年5月13日2013年7月12日
2013年9月10日2013年11月9日2014年1月8日2014年3月9日2014年5月8日
2014年7月7日2014年9月5日2014年11月4日2015年1月3日2015年3月4日
2015年5月3日2015年7月2日2015年8月31日2015年10月30日2015年12月29日
2016年2月27日2016年4月27日2016年6月26日2016年8月25日2016年10月24日
2016年12月23日2017年2月21日2017年4月22日2017年6月21日2017年8月20日
2017年10月19日2017年12月18日2018年2月16日2018年4月17日2018年6月16日
2018年8月15日2018年10月14日2018年12月13日2019年2月11日2019年4月12日
2019年6月11日2019年8月10日2019年10月9日2019年12月8日2020年2月6日
2020年4月6日2020年6月5日2020年8月4日2020年10月3日2020年12月2日
2021年1月31日2021年4月1日2021年5月31日2021年7月30日2021年9月28日
2021年11月27日2022年1月26日2022年3月27日2022年5月26日2022年7月25日
2022年9月23日2022年11月22日2023年1月21日2023年3月22日2023年5月21日
2023年7月20日2023年9月18日2023年11月17日2024年1月16日2024年3月16日
2024年5月15日2024年7月14日2024年9月12日2024年11月11日2025年1月10日
2025年3月11日2025年5月10日2025年7月9日2025年9月7日2025年11月6日
2026年1月5日2026年3月6日2026年5月5日2026年7月4日2026年9月2日
2026年11月1日2026年12月31日2027年3月1日2027年4月30日2027年6月29日
2027年8月28日2027年10月27日2027年12月26日2028年2月24日2028年4月24日
2028年6月23日2028年8月22日2028年10月21日2028年12月20日2029年2月18日
2029年4月19日2029年6月18日2029年8月17日2029年10月16日2029年12月15日
2030年2月13日2030年4月14日2030年6月13日2030年8月12日2030年10月11日
2030年12月10日2031年2月8日2031年4月9日2031年6月8日2031年8月7日
2031年10月6日2031年12月5日2032年2月3日2032年4月3日2032年6月2日
2032年8月1日2032年9月30日2032年11月29日2033年1月28日2033年3月29日
2033年5月28日2033年7月27日2033年9月25日2033年11月24日2034年1月23日
2034年3月24日2034年5月23日2034年7月22日2034年9月20日2034年11月19日
2035年1月18日2035年3月19日2035年5月18日2035年7月17日2035年9月15日
2035年11月14日2036年1月13日2036年3月13日2036年5月12日2036年7月11日
2036年9月9日2036年11月8日2037年1月7日2037年3月8日2037年5月7日
2037年7月6日2037年9月4日2037年11月3日2038年1月2日2038年3月3日
2038年5月2日2038年7月1日2038年8月30日2038年10月29日2038年12月28日
2039年2月26日2039年4月27日2039年6月26日2039年8月25日2039年10月24日
2039年12月23日2040年2月21日2040年4月21日2040年6月20日2040年8月19日
2040年10月18日2040年12月17日2041年2月15日2041年4月16日2041年6月15日
2041年8月14日2041年10月13日2041年12月12日2042年2月10日2042年4月11日
2042年6月10日2042年8月9日2042年10月8日2042年12月7日2043年2月5日
2043年4月6日2043年6月5日2043年8月4日2043年10月3日2043年12月2日

📅 今日の干支占い


兎の時間

兎の時間は、午前5時から午前6時59分(現地時間)まで続きます。


土兎の木の性格と特徴

土兎の性質:知的、注意深い、快楽主義的、注意深い
土兎の欠陥:弱く、落ち着きがなく、不安で、恥ずかしがり屋

土兎の干支の運命をイメージ

土兎の画像の天運

「城壁の土」
極性:陰

🐰🗿 土兎の詳細


土兎の幸運のお守り

  • ラッキーカラー:カーマインレッド、シルバーグレー、ブラック、ウルトラマリンブルー

  • ラッキーナンバー:16

  • 保護パワーストーンラピスラズリ

  • エッセンシャルオイル、フレグランス:ローズウッド

出生図、赤ちゃんの名前、愛の互換性

土兎の干支占いチャート

固有の中国の要素(出生図):木、土

土兎のエネルギーバランス要素

矯正中国の要素:火、金、水

☯ 中国占星術の5つの要素と風水の調和


土兎の誕生名

土兎の干支の赤ん坊の理想的な名は、象徴的または語源的に、1つまたは複数の修正要素を含む必要があります。 火、金、水の要素に関連付けられた名は、赤ん坊の兎[卯]のエネルギーバランスを回復または強化するのに最も適しています。

👶 干支による赤ちゃんの名前のリスト


土兎の愛の互換性と最高の幸運な結婚式の機会

土兎の愛の相性、男性または女性

土兎の干支と最も互換性のある誕生月:
1939年生まれの土兎のベストラブマッチ:1934年、1935年、1939年、1943年、1946年
1999年生まれの土兎のベストラブマッチ:1994年、1995年、1999年、2003年、2006年

💘 十二支との兎の愛の互換性


土兎の理想的な仕事

弁護士、法律家、家主、哲学者、作家、作曲家、政治家

💼 キャリアのための干支の互換性


スター、有名人、著名人

1939年の土兎の年に生まれた有名な人々

飯島 澄男(いいじま すみお)、利根川 進(とねがわ すすむ)、田部井 淳子(たべい じゅんこ)、フランシスフォードコッポラ、イアンマッケレン、ラルフローレン、ウェスクレイヴン、ジョエルシューマッハ、ティナターナー、マービンゲイ、アリホセイニハメネイ、マーガレットアトウッド、ラルフローレン、F。マレーアブラハム、マークマーゴリス、ジュディコリンズ、メイビスステープルズ、ウェスクレイヴン、ベルトラン ブライアー、ロバートナイ、ブライアンマロニー、フランソワドルーベ、ジェニファーファウラー、マックスロビンソン、ポールグリーソン、カルロスリラ、ジョークラーク、ジャッキースチュワート、RDバーマン、メアリーピーターズ、ジョンハワード、ウォプコイェンスマ、ヴィックダバリロ、フランクビンセント、スシルコイララ、フェルナンドポーJr.、ホルヘパウロレマン、ジムマクラリー、カルロスオルティス、ジムキムジー、ヤヌスガジョス、キャシーウィットワース、スチュアートカフマン 、マリー・ラフォー、ハロルド・クロト、マリア・ブエノ、ウォイテック・ロースキー、ジョン・クリース、アブドラ・アフマド・バダウィ、フィル・スペクター

1999年の土兎の年に生まれた有名な人々

リルナスX(モンテロラマーヒル)、ブルックリンベッカム、ウィクトリアギシェウスカ、テイタムマッキャン、アイザックヘンプステッドライト、キャメロンボイス、チャンドラーリッグス、イーサンドーラン、グレイソンドーラン、アドゥットアケック、リアノンリーウィン、アンワールハディッド、リッチブライアン、リリーローズデップ、キム・ソヒョン、プリスヴィ・ショー、ビラル・ハッサニ、ジェームズ・チャールズ、ジョニー・グレイ、マーク・リー、セバスチャン・ベイルス、エマ・ゴンザレス、エミリオ・マルティネス、ベン・デ・アルメイダ、メル・ジョイ、オリビア・ルイア、シオン・クウォヌ、エリカ・タム、ジュワニー・ローマ、アリー・ブルック、プレスリー・ガーバー、ジェームズ・リアクト、ネイサン・チェン、ティファニー・エッペンセン、ワシントン・スンダール、アヒン、タイラー・ブラッシュ、マイキー・フスコ、ベンソン・スミス、アリッサ・クラニ、ガス・カンプ、ロリー・ジョン・ゲイツ、ミア・メイプルズ、ブランドン・アレガ、リバルD、ベンJ 。ピアス、クアンド・ロンド

© KarmaWeatherによるKonbi · 全著作権所有
事前の合意なしに複製は厳格に禁じられています。いかなる侵害も、GoogleへのDMCA要求の対象となります。免責事項の通知:いかなる形であれ、薬用植物の使用は、特に妊娠中または授乳中の女性、そして幼児のために、医師に相談した後に常に考慮されるべきであることに注意してください。同じように、水晶や石は治療のサポートとしてのみ考慮されることができて、決して代用として考慮されることができません。それらは現代の医学には用途がないことを知って、彼らは一般的にチャクラの役割のためにヒーリングクリスタルと呼ばれています。